新規事業立案研修を実施しました!

こんにちは!
人事部の木村です。

つい先日入社をしたばかりだと思っていた新入社員も、無事約1カ月半の研修が終わり、配属先へそれぞれ飛び立っていきました。

この1カ月半の間、ビジネスマナー研修や職場体験、システム研修などさまざまな研修を実施しましたが、その中で新規事業立案研修について紹介します。

カカクコムでは、毎年、新入社員研修に新規事業立案研修を取り入れています。
この研修を通じて、新規事業を1から考え提案をするというプロセスの中で、さまざまな人に協力をしてもらいながらやり抜く経験をしてもらいます。
そしてチームメンバー、アドバイザー(新規事業担当者)など関わる相手のことを意識したコミュニケーションの重要性について、感じてもらうことを期待しています。

入社後すぐに人事からチームを発表し、彼らは研修の合間を縫って、アドバイザーに相談をしながら進めていきます。
中間発表では、本当にユーザーが使いたいと思えるサービスなのか、といった厳しい指摘をアドバイザーから受け、企画を1から考え直したチームも出てくるなど、かなり苦戦をしていました。


しかし、執行役員の前で行う最終発表では、最後まで考え抜いたサービスを審査員にイメージしてもらうために動画を作成して流すなど、どのチームもプレゼンに工夫を加えていて、審査員からは感嘆の声があがりました。


優勝チームからは『このサービスは絶対に成功するので事業化するべきだ』と執行役員に直訴するなど、絶対に事業化したいという熱い気持ちが伝わってきました。

研修で見せてくれた熱い気持ちを配属後も持ち続け、果敢にチャレンジをしてほしいです!


みんな、頑張れ!