おいしいを、讃えよう。

こんにちは。人事部の木村です。
今回は、1月25日に開催された「The Tabelog Award 2017」授賞式典の模様について、ご紹介します!

「The Tabelog Award 2017」は、「おいしいを、讃えよう。」という新たなキャッチコピーを掲げ、1年を通じ、きわめて高い評価を獲得し続けた全国512のノミネート店舗から、食への関心が高い食べログユーザーによる投票で、“Gold”(28店舗)、“Silver”(89店舗)、“Bronze”(395店舗)の各賞を選ぶというコンセプトになっています。

食べログ掲載店舗数が865,901店舗(2/10現在)ですので、ノミネートだけでも上位0.06%。Gold賞にいたっては上位0.003%・・・予約が1年以上先までびっしり埋まっている店舗も少なくないとか。
誰か連れて行って欲しい(切実)。


ここまで大規模かつ全国の飲食店から錚々たる顔ぶれが一堂に会する食のイベントは、「The Tabelog Award」だけ!私は会場の端に立っているだけにもかかわらず、緊張で手汗が凄いことに。

日本の素晴らしいレストランをこれからも世界に発信し続ける

式典の進行は皆さんご存知、大人気のお笑い芸人アンジャッシュの渡部建さんと、フリーアナウンサー高橋真麻さん。会場のボルテージが上がります!

お二人の進行のもと、まずは食べログの創設者である当社取締役の村上より開会の挨拶を述べました。

「The Tabelog Award 2017」の趣旨を説明するとともに、日頃の皆さまへの感謝、そして日本の素晴らしいレストランをこれからも世界に発信し続ける、という強い意気込みを語りました。

来年も表彰されるよう頑張っていきたい

その後、特別プレゼンターが登場。
モデルの瑛茉ジャスミンさん、プロボクシング・元三階級世界王者の亀田興毅さん、俳優の髙嶋政宏さん、ファッションモデルの高垣麗子さんより各賞の発表を行いました。
実は皆さん、食べログの公式アカウントを利用されている「グルメ著名人」の方々なんです!


その中でもGold賞を受賞された店舗様には、髙嶋さん、高垣さんよりトロフィーが手渡されました。

店舗の代表者様からは、「来年も表彰されるよう頑張っていきたい」などといったコメントもいただき、店舗様、ユーザーの皆さまに対する影響の大きさ、責任の重さを改めて実感しました。
以上、木村が「The Tabelog Award 2017」授賞式典の当日の模様をお届けしました。
本年の受賞店舗一覧は、こちらよりご覧いただけます。
次回は、本プロジェクトを担当した社員に「The Tabelog Award 2017」授賞式典の裏側について話してもらう予定です!

プロデューサー・デザイナー志望の皆さん、必見です!
『どんな時にやりがいを感じたの?』『今後どうしていきたいの?』等、担当社員から熱い話を聞き出してきますので、お楽しみに!